自動リフォローの機能の中に、ダイレクトメッセージ送信機能があります。
安全のため、フォロワー数が7万人を超えた場合、ダイレクトメッセージ送信機能のOn/Offに関わらず、ダイレクトメッセージ送信機能を強制的にOffにします。

自動リフォローを実行する前に、新規のフォロワーか判断してフォローするため、Twitter側に機能の呼び出しを行います。
1度の機能呼び出しで最大5000人分、15分の制限時間内で最大15回まで呼び出しを行えますので、最大75000人分までの判定用の情報を取得できます。
1回当たりの操作に対し75000人までのフォロワーの調査が出来ますが、それを超えた場合、判定できません。
判定できないフォロワーに対して、再度、誤ってフォローを行う可能性があります。
フォロー動作について、特定のユーザーに対し複数回行っても問題ありませんが、ダイレクトメッセージについては違います。
一定時間毎に、ずっとダイレクトメッセージを送信し続けます。
その動作が起こらないよう制限をかけました。
フォロワー数の制限数について75000人まで対応可能ではありますが、機能呼び出し回数を最大14回にして余裕を持たせ、7万人までにしました。

ダイレクトメッセージ送信機能について制限が掛かりますが、安全のためですので、ご了承ください。

*現在、ダイレクトメッセージ送信機能については、停止しています。
ダイレクトメッセージの使用方法を誤った場合、アカウントおよびアプリの凍結に繋がりやすいため、安全運営のため停止しています。
*機能の代替えをしています。

Sponsored Link